年末セールについて

なかなか更新出来ませんでした。
やっと落ち着いてきまして、クリスマス、年末、初売り準備、たまった虫の世話で、
バタバタしております。

あまり複数の商品のセールは、出来ませんので、売れ筋とライトTの2018年バージョンになる
T-4が、完成してきておりますので、そちらをセール販売予定です。

明日からクリスマスセール分を販売開始致します。
・ライトLv1 10Lパック
・ライトLv3 10Lパック
・ライトT-3 10Lパック(少量)
・ライトT-4 10Lパック
・無添加発酵 10Lパック(少量)
・PM-01 2.5Lパック(パッキング前の段階でストック中)
・ツヤ用無添加 5L(少量)
以上が、予定商品です。

T-4の変更点ですが、
T-3のコナラ特殊形状生オガ⇒ブナ生オガ微粒子に変更しました。
中盤で水分量をミスると若干活性が出やすいので、安定重視での変更となります。
また、泥になってきた際の安定感を狙った仕様になっておりますので、
T-3より扱いやすくなっていると思います。

サブ効果として、通常ライトよりかなり居食い性が高いので、低燃費になる傾向です。
(ツヤに限らずです。)

T-4は、一般種での通常ライトで1本で仕上げる予定が、2本必要などの際の交換用にも適しております。
やや熟度の高い好みの虫ですと3令中期以降でライトLv2やLv3などに交換してしまうと、もうベストな
熟度に到達しない点、また安定環境作成に時間を要してしまう為、サイズロスとなりますが、
T-4は、水分を逃がしにくい特性に仕上げておりますので、安定している事と、熟成速度が、早めな
事がメリットとなります。

ただ、対処としては、交換した使用済みを新しいボトルの上部に2~3割のせて詰めを仕上げて使用して頂ければ、
ライトLv2やLv3でも交換ショックは、少ないですし、T-3でもT-4でもこの作業は、大型を狙う場合、絶対だと思います。
(ハエが沸いた場合は、沸いていない食いの良い他のボトルからもらうと良いと思います。)

T-4でのツヤ以外での当店実験でのオススメ種
・クランネブト まだまだですが、マックス64mmが、出ております。温度などの配慮全くなしの段階で、一つの壁サイズ
の様です。T-3でも63mmが、でておりますので、マットで出たと言うより、管理し易い感じです。
T-4の方は、2300ボトル一本出し(足りてない)
T-3の方は、2300ボトル2本出し(2Lから2300だったかもしれません。 交換ショックを起こしております。)
今回は、特に環境に工夫なしで飼育したサイズですので、まだまだ伸びますが、
可能でしたら、1本で出すのが、適した種です。
マルバネのように補充型の交換が、向いていそうですし、上記の上に使用済みを詰める方法でも良いと思います。
3令終盤になるほど、使用済みの部分多めがおすすめです。

ミラビリスノコ
こちらは、大型狙いと言うより飼育感ですが、ライトLv3などの方が、きちんと管理すれば、サイズは、
出そうな感じはありますが、何と言っても水分が逃げない事で、初期の管理が、楽で、完全なる放置状態で、(観察はしています。)
64mm位になっておりました。(2L8割詰め)楽です!
まだ、販売は、先になりますが、ライトLv3の生オガミックスバージョン同様に飼育が楽です。

当店の飼育感から向かないまたは、難しいと予想する種
・キクロ系 メタリやエラフスなどは、ライトLv3の方が、向いておりますので、不要だと思います。
ライトLv3程高水分に出来ませんので、その辺からの予想です。
コーカサス、ギラファ、などの放置型飼育も適さないと思いますが、容器チョイスと環境にもよりますので、
一概に言えません。浅めの容器での飼育であれば、この両者も向く可能性ありです。
当店では、コーカサスは、超特大ブロー ギラファは、余裕があれば、超特大で、基本特大1本交換なし
などの飼育です。(ケイスケですと♂は、ちょっと足りません。コーカサスは、交換前提です。)

容器での選択
菌糸瓶にも使用している状態の容器で飼育する場合、ライトLv3と比較した場合、T-4の方が、
断然飼育は、楽です。(初期の安定するまでの水分管理)

簡単にT-4は、こんな感じです。また、時間がある時に、説明したいと思います。
明日アップ予定ですので、最後の準備をしたいと思います!


スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

GWの営業について

GWは、店舗営業時間が長い為、作業が、あまり出来ませんので、

納期が、遅れます。ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

店舗のGWセール品から、通販でも2点アップ予定です。

・ローゼン産卵用 30L大袋入り 数量限定

産卵シーズンなので、最初で最後の超特価で販売予定ですので、

この機会にお試しください。

ローゼン用となっておりますが、マット産み種全般にお勧めします。

特に、高水分種のニジイロやキクロ、ヒラタ、などにお勧めです。

高水分セットが、出来るので、状態良い初令を回収出来ると思います。

・ライトLv1 10L 数量限定

通販では、昨年製造量の問題で、販売を休止しておりましたが、

今年は、作成出来そうなので、スタート特価も兼ねて大特価で販売致します。

非常に扱いやすいライトだと思います。お試しください!




セール品のみですと、即納可能です。土曜日夜にアップ予定です。

・L-3浅熟20L もGW限定で、少量アップ致しました。

こちらは、火曜日以降ご注文順の発送となります。

これで、一通り、20Lを販売致しましたので、しばらく、販売出来ないと思います。

スタンダードは、納品終了後、あまり分は、販売致しますので、しばらくお待ちください。


店舗情報
カレンダー通りの営業となります。(土日祝は、営業致します。)

※GWは、店舗営業日が多い為、閉店後、マット作業を行う場合がありますので、閉店時間きっかりで、
閉める可能性が高いので、遠方からのご来店頂く場合、ご注意ください。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

更新遅れております。

いろいろアップ作業が遅れております。

L-3Lv4とL-5の価格更新が、遅れております。
更新されるまでは、そのままお試し価格で販売致しますので、
ご安心ください。時間があるときに修正しますので、突然変わると思いますが、
お許しください。

今週より、カブト用ライトLv3も少量限定で販売致します。
店舗では、結構使った方も多いと思います。

一応、定期的に12月頃まで生産予定ですが、1ロット200L程度ですので、
週100L程度の販売となると思います。

カブトのライト飼育が、初めてで怖い方や初心者の方、デリケートな種類の初令や
未知で安全第一で飼育したい種などにお勧めです。

ライトに慣れている方の場合、ライトメインで詰めたボトル上部に少量カブト用ライトを
少量入れる程度で初令からの投入も安心になると思います。
混ぜるより、初令の餌として、必要な上部に少量入れてあげるようにするのが、オススメです。

ツヤなども同様の使用法で、良いと思います。今回ラコダールをしっかりデータ取りしておりますが、
最初の印象ですとブルなどより弱いと思っておりましたが、弱いのは、初令だけで、2令以降は、
ブルより強くライトLv3全交換で、全く問題ありません。そう言う感じの種類は、カブト用ライトを
出来るだけ少量にした方が、燃費良くメンテも少なく済みますので、初令~2令初期程度の
必要量を上部に入れてあげる程度で十分です。

ストリアータツヤみたいなタイプですと通常ライトでの飼育の場合は、使用済みを用いながらの
交換が、良い虫なので、カブト用ライトのみでスタートしたり、交換を必要とする場合は、
使用済みをMIX交換したり、使用済みを上部、新しいライトを下部と言う感じで、層にして飼育してください。

泥虫系で、ライトに慣れて頂くのが、目的ですので、がんばってライトより安い価格で、
販売致しますので、挑戦してみてください!

店舗、通販共通での数量なので、非常に少ない量ですので、ライトと一緒に購入
して頂けると助かります。

カブト用ライトLv3 5L 450円を
初回ロット限定 5L 350円で、販売致します。

それでは、失礼致します。



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

今年は、菌糸のデータ取りを沢山やるぞ~!

今年は、いろいろ変えていこうと思っている中、
コクワガタ!これのライトマット飼育が、少々疲れ気味なので、
王道で、菌糸飼育に変更してみます。
今のところライトマットで大型狙いでの最強に難しい虫からもしれません。

コクワガタは、大好きで、馬鹿にせずやってきたつもりでしたが、
今回の産卵で、今まで適当だった事がよく判りました。
”適当な柔らかめの材”これが、定番でしたが、齧っている割りに
それ程産んでいない状況だったのに、ずっとそのパターンで、産卵
させていた事を、自覚出来ました。少量で丁度良い数だったりしたので、
深く考えていませんでした・・・

2セット目で、ん??とこの事に気がついてしっかりした材に変更した
所、沢山の確実な埋め戻しを確認出来ました。
長年、何やってたんだ・・・とちょっと反省。

幼虫飼育の方もギリギリ食べる温度帯と想像してもさっぱり判らん><
これは、1からやるつもりで、取り組まないといけないようですね^^;

長く採集されている方は、忘れられない個体と言うのが、必ずあると思います。
自分の中では、やはり地元ネブトの初採集が、1番で、昨年辺りのアカマダラコガネなども
忘れられない採集となると思います。そう言った種類でなく、インパクトのある普通種と言うのも
これまた、忘れられません。山形外灯で、死に掛けた化け物アカアシ、70mmオーバーの極太ノコギリ
小型水牛ノコギリなどなどありますが、もう1つが、特大極太コクワです!手違いで、どこかのイベント用として、
飛ばされてしまった為、標本すら残せなかった状況ですが、頭の中には、しっかり残っています。
ここ何年かは、この固体を求めて、まあまあ良い♂を探しては、F1♀と交配させて子を見て中止・・・
この繰り返しでした。このやり方ですと永遠に無理っぽいので、とりあえず、累代しながら、
選別していく方向に変更しました。CH辺りでは、結構50UPしていたのですが、
ライトは、ちょっと難しく苦戦中です。とりあえず、コクワは、データよりもこの忘れられない個体を
再現する事を優先して菌糸で飼育していく事になり、上記のような状況となりました。

とりあえず、SP、SP改、SP改のやや配分見直しの3タイプで、飼育していく予定です。
今回は、初令をドカンと大瓶に入れず、とりあえず、200カップでしばらく飼ってみたいと思います。
コクワは、早期羽化してしまいなかなか引っ張れていないので、その辺の温度なども1から探る事になりそうです。
以前小楢で、適当で53~4程度までは、出てきたので、今年ある程度の流れを掴めば、
2ラウンド目辺りで、↑の数値位は、超えられるでしょう。
後は、スタイル厳選もしっかりしていきたいと思います。
ベースは、山形奥地物なので、悪くはないと思っております。

コクワは、ド初令でも簡単に菌糸に入っていきますね!スタイルだけは、似ているシェンクド初令は、
マット入れたり、ほぐしたりしてやっと入っていきました。(全く食性違うので、当然ですが・・・)
この辺からも柔材セットが、間違っていたと気づかなくては、ダメでしたね。

あれだけ飼育していた外産ネブトの事も全然判っていなかったと反省したばかりですし、困ったものです。
まじめに、飼育します。

シェンクのド初令は、ライトの方が、圧倒的に早く伸びています。が、最近初2令を長くしたい気分なので、
とりあえず、このままで良いかと。

今年は、産んだらですが、オオの昨年採集♀も菌糸で行きたいと思います。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

あぶない^^;

先日、店舗に行った際に、数日前まで25℃あった場所が、20℃になっており、
慌てて暖房を入れました。その性かアママル♂が、死んでしまい、
掛かっていなければ、産卵終了と言う状況になってしまいました><

気になったので、一度セットをひっくり返しましたが、卵なし・・・
まあ、あの温度では・・・
一応温度は、上げ、セットし直しましたので、掛かっていれば、
産んでくれるでしょう。

今年は、セットにベストな温度帯が、無いシーズンで困ります。
ヒメオオも寝かそうと思っていたら、結構齧っているセットが、
多かったので、来週まで待ってみます。
越冬準備でしょうかね?

今年採集オオの材1本目も割り出してみました。
11頭回収で、すべて厳選したホダオガ未発酵に投入してみました。
ちょっと原点に戻ろうと思った事と、昔よりある程度知識もあり、
オガも厳選した場合、どの位のサイズまでいくのか知りたくなりました。
その当時は、この仕様で50後半になれば、大喜びしていた気がします。
仕込みの為の厳選でなく即食べさせる為の厳選は、ちょっと難しいですね。
あまりやった事の無い厳選ですのでベストなのかも微妙です。

エレガンスツヤも繭になりだしていました。
1頭だけ小分けしたのですが、♂である事を祈ります。
80mm超えしたいですね!

ミクロスツヤの第2陣も繭っぽいです。こちらは、累代重視で産ませないと
絶えちゃいそうです。成功したら、3陣でまた適応力を試します。

今年のマイブームは、どうもツヤで、アルケスも欲しい感じです^^;
場所を計算してから考えます。

今年は、デカイの多いので大騒ぎになりそうですし、無理かもしれません。

小さい虫で、コルリとマグソですが、今年は、コルリも成虫になっておりません。
良い感じです?ん?今なるのが、ベスト?まあ、季節なりに寝かしちゃいます。
マグソは、よく判りませんが、成虫越冬だとすると、今なってくれないと
再来年活動?う~ん困る・・・

キンスジコガネも蛹になる待機中で◎こちらの本土ネブト軍団も幼虫の状態なので、
羽化する前に、寝かして◎順調です。まあ、羽化しても何とかなる事が、
判ったので、どちらでも良いのかもしれません。

全く未知なルリもデータ取りたかったですね。ヒメ採集の際、ルリマークは、
見たのですが、スルーしてしまいました。ちょっと失敗です。

コルリより発生早く大木の新芽齧っているのでしょうかね?
立ち枯れを選ぶ理由が、他にない気もしますね。
う~ん データ取りたい・・・

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット