国産種の飼育法について

シーズインで、今年は、成績が良い方が多いようで、早速国産種の
飼育法のご質問が増えております。
大体の事は、ホームページに書いてありますので、参考にして頂ければ幸いです。

よく聞かれる書いてないような部分だけ、お知らせしておきます。

【オオクワWD!産まん!】

この時期は、ほとんど越冬♀で、産卵時期真っ只中ですので、採集年でも十分産みます。
産まないのが、個体の場合は、

①かなり古い♀。これは、多分何をしても無理かもしれません。
②昨年交尾していない♀。これは、交尾させないとどうにも・・・
ですが、当店の経験上、灯火や外灯採集で産まない♀は、ほとんどいません。
過去数頭です。

実際は、セッティングの問題の場合が多いです。
WDは、カワラ材じゃないと産まない!と言う方もいる位なので、飼育品よりちょっとうるさい個体も
多いです。実際は、きちんとセットすれば、カワラ材じゃないと産まない事はありませんが、
ホダギの場合、ほぼ加水しすぎが、原因だと思います。セット環境の水分量も大事です。
基本乾燥気味を好む虫なので、その辺を注意してみてください。
自信がない方は、植菌されたものですと調整が要らない分、良いと言う事だと思います。

後は、温度。こちらのオオクワは、採集された環境により、かなり低温で活動するエリアや
一般的なエリアまで、いますので、そこにも注意してみてください。
が、低温エリアですとまだ外灯で採れない気もしますが、今年は、早いようなので、
ちょっと判りません。(自分が、採集に行っていないので、尚更です。)

【ミヤマ】
この時期に採集出来ていれば、最高です!
この時期に、産卵もやっつけておくと良いと思います。
方法は、飼育情報にありますので省略します。
黒土が、いるか?と良く聞かれますが、自身は、使用した事がありません。
恐らく、袋に入れておくと活性高いマット(未発酵ホダギ粉砕マットも含む)の場合、
活性を抑える為に、入れると効果があるのだと思います。
同じ事ですが、材の側の土に産むから土を入れると言うイメージとは少し違い、
カビなどの活性高い部分を避けて産むので、黒土を混ぜて弱まった部分に産むと言う
理屈だと思われますので、マットが安定していれば、必要ありません。
若干コツがいる場合もありますが、L-1やPM-01などではなく、L-ZEROでも採卵出来ます。
(自信がない方には、オススメしません。)

【コルリが、産まない!】
飼育下ですと7月中位まで生きたりしますが、そろそろ急いでください!
多分、材が、柔らかすぎる!水分が低すぎる!だと思います。
当然常温ですとそろそろ無理があります。

【コガネ・カナブン・ハナムグリ】
今年は、採集したこの類に興味を持っている方が多く、非常に嬉しく思っております。
が!そう簡単でもありません。コガネムシは、基本相当なチャレンジチャーな方でなければ、
やめておいた方が良いです。成虫が、採集時にフンをしたり、ゼリーを食べなかったら、
あきらめましょう(笑)
あきらめられない場合、種の特定、成虫の食草を特定しないと即死しちゃいます。
それが、判ると産卵は、バラマキの場合が多いので、可能かもしれませんが、
根食いですともう・・・幼虫も特定の植物の根とかですとね・・・
こればっかりは、情報収集も多少しないと1から開拓は、超困難だと思われますので、
飼育法ではなく、種類、食草、生態などは、調べてからが良いと思います。

どうしてもやりたいようでしたら、来年に向けて餌準備をし、来年採集したポイントで、
再度採集し、チャレンジしないと厳しいかもしれませんね。

ただ、キンスジコガネやオオスジ、ツヤなどのように、根が、いらない幼虫もいるようなので、
不可能ではありませんが、成虫の餌だけは、採集後早急に調べてください。
餌場で、採れば問題ないですね。

ハナムグリやカナブンは、比較的1世代は、出来てしまいますが、中には、長寿で、
1年目は、産卵しないものなどもいて、結構F2が、辛い種類も多いです。
大半は、少なくない虫でリベンジ可能ですので、情報を入手せず、自身で解明していく
楽しさは、あると思います。

【ハンミョウ】
自分は、苦手ですので、ノーコメントにしたいです(笑)
そろそろ終わりかもしれませんが、ナミなどは、今の個体は、即ブリです。
産むのは、慣れると結構簡単ですが、幼虫飼育は、飼育者のスタミナが、ないと続きません。
肉食系は、飼育下ですとダニも注意が必要です。

シーズンイン!採集、飼育楽しみましょう!
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ツヤハダ~!

本日店舗で頼まれたので、ツヤハダクワガタの画像アップ!

tuyahada8.jpg


tuyahada6.jpg

♂飛びそう~
tuyahada3.jpg

こんなクワガタです。参考にしてください。
この手のクワガタに興味がある方など店舗では、ほぼ無でしたが、
最近は、結構興味を持たれる方も多いです。
さすがに、マグソは、少ないですTT
良い虫なんですが・・・・

ツヤハダは、国産最強の難関種だと思いますので、採集出来たら、
頑張って挑戦してみてください!
ただ、以前1度偶然成功しているので、条件が、揃えば、累代出来るみたいです。
この個体も残念ながら幼虫は、確認出来ませんでしたが、材解体の際に、産卵痕のような
場所は、数か所ありましたので、産んでいたか産卵行動だけ?か反応自体は、あったみたいです。

超小型種で最もメジャーな?コルリなんかもF2が、難しいので、良い色の産地を累代する為、
他産地などで、累代挑戦しておりますが、かなり難しいです。
高山種は、面白いので挑戦してみてください!

先回長文でしたので、本日は、短めです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

お問合せについて 長文です^^;

ここのところ、いろいろな種類の飼育についてお問合せがあります。
非常に多いのが、カブトですが、残念ながら、もう何年もマニアック気味のカブトの飼育は、しておりませんので、何とも言えません。
この辺は、全くお答え出来ません。

また、ミヤマも多いのですが、こちらも同様、ほぼ飼育をやめておりますので、
マニアック種に関しては、回答不能な状況です。

もう1点全般に言える事なのですが、
幼虫の飼育は、最初にしっかり算段をしメンテは、するが、出来るだけ交換をしない。
と言うテイマで、飼育しておりますので、マットの製造もほぼそれに合わせて作成しています。
また、まだまだですが、ライトですべての虫が、飼える!と思っておりますので、
過去の自社マットや社外マットにまだまだサイズが、届かなくてもあきらめず、ライトで飼い続けておりますので、
ベストなアドバイスが、出来るかも判らない種類も多くあります。

自分自身は、考えなく簡単に大型が、並ぶタイプのマットですと、その上を出せない飼育スタイルのようで、
現状にいたっております。

現在もライトの扱いは、ING段階で、年々使えるようになっているのが、自分でも判ります。
逆に言えば、まだ完璧に使いこなせていない感じです。

ネブトは、かなり前から調整し累代もさせておりますが、最近は、マルバネも本格的に飼育を開始しています。
こんな状況は、数年前では、全く考えられませんでしたが、ちょっとしたコツを掴むと出来てしまいます。
逆に、ネブトは、使用済みまたは、もう少し熟した物が、必需品ですが、マルバネは、ほぼ要らない感じで飼えます。
同時に、ヘラクレスなんかも非常に飼い易くメンテが、ほとんどいらない状態ですので、非常に飼い易く、
これなら、今年から真剣にヘラクレスをやっても良いかなぁと思えます。

そして、今年は、産卵!と考えております。
あまりメリットもないと今までは、考えておりましたが、結構メリットを感じるので、いろいろやり始めております。
ただ、幼虫以上に、コツが、必要になってくる種も多くありますが、基本粒子など関係なくほとんどが、産卵します。

とりあえず、ペレンメタリが、ライトLv3で、産みましたが、気温が下がり停止してしまったので、5頭のみの回収でした。
小ケース1/3程度のマットだったのもあると思いますが、気温が上がったら中ケース位で、まじめにセットしてみたい
と思います。まあ、羽化ズレ対策で、このままダラダラでも良い気もします。

ギラファとかヒラタですとちょっとした慣れで、簡単に、採れますので、2セット目パラワンは、ライトLv3で、セット予定です。
厳しい種類として、チェリフェルネブトのようなタイプですと産みますが、朽ちるまで産み場を探している状態となるので、
やはり、使用済みやネブト用ライトLv3みたいな方が、即戦力となります。
幼虫は、国産ほど、コツもいりません。

国産は、ノーマルライトですと朽ちるのを待つ間に、産卵期を逃してしまう可能性が、高いので×
ネブト用ライトLv3ですと普通に産卵しますが、小さい容器でセットし割り出しを行う場合は、
あまりメリットはないので、幼虫からのネブト用ライトLv3の方が、メリットが、大きいです。

続きを読む »

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

飼育法について

この時期は、大変飼育に関するご質問が、多くあります。
現在は、お答えする余裕が、十分にありますので、(暇なので><)
問題ございませんが、複数の方のご質問で、重複しているちょっと気になる点が、
1点ありますので、お知らせしておきます。

以前にも書いた気がしますので、重複していたら、すみません。

自分の書き方が、そうなのかもしれないと反省中でもありますが、
基本どの虫でもこうでなければいけないと言う事ではありません。
ホームページなどでお知らせしている飼育法もそうですが、あくまで
自分自身のオススメ飼育法なので、これを無理やりお客様の飼育法に
埋め込むと飼育される方の今までの経験や感覚により飼育しにくくなる場合と
言うのもあるかもしれません。

完全に=である必要はございません。
当店では、絶対にダメと言う方法でも普通にやっている方もいるでしょうし、
大半の虫の飼育は、定説通りですと飼育しにくいと思っている人間の意見ですので、
尚更かもしれません^^;

当店では、他店ではあまり書かない失敗例を多く書いております。
これは、出来るだけマットを購入して頂いた方に、同じ失敗をして欲しくないからで
ありますが、失敗例を多く書いてしますと難しく、飼育方法の幅が、狭いと錯覚されてしまう
のかもしれません。着眼点を変えれば、失敗した理由は、そこにないかもしれませんので、
同様の方法で、飼育出来ている事もあると思います。
マット製造をしているので、多くの飼育実験し、マットを理解していくと言うやり方が、出来ますが、
一般の方では、なかなか難しいでしょうし、特殊なマットを多く扱っている分、特性を御理解頂く
為のアシストと言うイメージです。

飼育実験を重ねると自分自身で、ダメと判断した事もここじゃなかったんだ!と
簡単に変わってしまう事もありますし、その後、普通に飼育出来る可能性も0でありません。
ですので、前そう言っていたじゃん!と言われるとちょっとキツイです><
その辺は、ご了承頂けるとありがたいです。その際は、出来るだけ、前は、ここに着目し、
原因予想をしていたが、実は、ここにあったみたいな報告も出来るだけするようにしています。

現に昔出来なかった飼育法も今は、結構普通に出来ているなんて事は、沢山ありますし、
昔出来ていた事が、全く出来ない事も普通にあります。

当店の例で言うと昔ローゼンのマット飼育で、3令になってほぼ全滅していたものが、
今は、3令加齢での死亡は、全くありません。
逆に、簡単に採卵出来ていた物が、苦戦中・・・
これは、昔気にしていなくても適温だった事で、比較的温度の低い現状ですと
産んでいない事を確認済みです。

ヒメオオのF2挑戦もやってみれば、あっさり成功の反面、昔程採卵出来ないなど・・・
これも、サイズ重視で、加温飼育により、変な時期に羽化させた事により、
休眠時期が、狂い累代不能になっておりました。
採卵不調は、温度と材質で、昨年かなり産んでくれた事で、かなり確信は、
持てましたが、まだ、定かではありません。

以前と着眼点が、違う為に、ここまで大きく変わります。

マルバネ、ツヤも以前ほどサイズが、出ない反面、無茶と思っていた飼育は、普通に出来るのも
それだと思います。サイズは、昔と比較しながら何が良かったのかなどの検証を重ね徐々に、
出せるようになると思っております。

この辺は、お客様に大変感謝している部分でもありますが、基本マルバネ、ツヤは、個別で飼育する
選択は、なかったので、その方向で、マット制作もしてきました。
ただ、利用される方は、スペースなどの都合や他種同様の感覚で、個別飼育が、メイン。
となると予想もしない活性が、出るなどのトラブルも出て、それじゃあ、自分でも同様の飼育法で、
データを取らなくては!となった事により、状況を理解し、対処したり、コツを覚えられた事により、
現状普通に飼育出来るようになりました。この辺のデータ収集のおかけで、全般の安定化向上にも
つながりました。
ただ、サイズとなると全ステージ大型容器複数飼育には、まだまだ届かない感じです。
当店自身もこの大型容器複数飼育は、難しくなっている事もあり、現状の飼育法での大型化は、
必ず、実現出来ると思っていろいろやっております。
この辺が、飼育の楽しみでもあるかもしれません。

誤解により、飼育法が、これ一択だみたいに、錯覚されてしまうと
飼育の楽しみを奪ってしまう可能性がありますので、お伝え致しました。

本日は、こんなところで!

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

エアコンが・・・

寒波襲来初日に、落雷による一時停電後、エアコンが、いってしまいました><
夏辺りから室外機のファンが、音を出していたので、覚悟はしており、対策も
していたので、危険な状況はありませんでしたが、折角産みだしたセットが、
多分停止すると思います。26℃位置で、23℃位まで低下中・・・
室外機を軽くばらして、ファンを取り外してみましたが、結構エアコンって
簡単な作りでびっくりしました。基盤が、こんな場所なの@@と
驚きましたが、長年使えていたので、それで良いのでしょうね。

暖房位置が、変わると各温度帯にも大きな変化が起きるので、
今まで通りにならないのが、悩みです。
幼虫サイズなんかにも影響が、出そうでちょっと心配しております。

ただ、暖冬も困ったもので、通常越冬状態になる場所で、キンオニが、蛹化していたり
ヒメオオなんかも蛹室を形成していたりしていましたが、急激に下がったので、
これまた、心配な状況です。オニ系は、中途半端な温度だと羽化が、割れるので、
危ないかもしれませんね。
きちんと常温管理もおりますので、まあ、仕方ないです。

メタリなんかも蛹化しなくなったり、羽化した物も出てきません。
こちらは、丁度良いですけどね。

考えて対策したいと思います。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット