ライト菌床販売開始!

先日のオオクワ2メスをカートにアップ致しました。
ワイルドから飼育したい方は、お勧めです!
序に、マグソクワガタの幼虫も5頭1セットアップ致しました。
最も成長の早いL-6Lv1採卵ロットになります。
珍品マニアの方にお勧めです。

菌糸ブロックの生産ですが、完全停止となりました。
ただ、予告通り、旧小楢SPベースで以前出来なかった
レシピのバージョンを2ヶ月に一度仕込む形で、再開致します。
種菌 ヒラタケ
小楢生オガ細目&厳選ホダ中~粗目(産卵材として使えない程度のかたい材チョイス)
添加:1%以下
 
と言うレシピです。通常ホダベースは、吸収重視で、劣化は、早めとなりますが、
それ程吸収重視でなく、劣化は、一般的な微粒子生オガタイプより、遥かに持ちが良いタイプ
となりますので、一般的なホダ系の特性を期待されてご注文頂く場合は、ご注意ください。
(小楢程の耐久性はないので、オオクワスペシャル的要素は、ありません。)

これは、ホダを厳選しているところと、微粒子完全除去、超低添加で、作成しているので、
通常ホダ系菌床のイメージと大きく違い特性となります。
(通常ホダ系菌糸が、悪いと言う事ではなく、逆に虫により、最高のパフォーマンスとなります。
当店でも通常ホダバージョンも作りたいですが、原料確保不能です・・)

販売形態は、ロット完成時及び2週間以上前のご予約で、
セール価格適応となります。冷蔵ストック期間は、通常価格となりますので、
出来立てがお勧めです。リサイクルPP1400セール 380円になります。
通常は、480円ですので、大変お得です!最近お気に入りの1000cc角カップで、
セール価格198円です!オオクワのメスなどの投入可能ですので、お勧めです!

PP生産で詰め替えとなります。ボトル確保が出来ない為、詰め替え販売のみとなります。
旧SPを遥かに超えるお勧めレシピとなりますので、是非お試しください。

主に店舗販売となります。ご自身の瓶持込は、通常通りOKです。
冷蔵ストックが、限られるので、安く提供致します!

大量には、作れない分良い菌糸に仕上がっていると思いますので、試してみてください!
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

7/24採集

ご無沙汰しております!

マット作業と虫の世話の追われてなかなか更新出来ませんでした。
そんな間に普通種も集めないといけないので、樹液採集を中心に
出かけておりました。

昨日は、今年2回目のライトを点灯してきました。
今年は、全然行っておりません・・・

第一狙いは、ミヤマオスです。
後は、趣味でキンスジコガネ、普通種の大型、オオクワと言ったところでしょうか。

早めに行けたので、点灯前に樹液でアカアシを数ペア採集し、
ちょっと早めの19:00点灯
ややガスっていますが、これは、日常程度なので問題なしです。
風もほとんどなく、気温もまあまあで、前回とは、違います。

19:30:ミヤマメス、アカアシなどの飛来が、始まりました。
大型蛾より、早い到着です。早い点灯の効果か完全に暗くなる前の
飛来です。

20:00:飛来数がかなり増え、蛾の量も増え、大型になり始めました。

20:07:オオクワメス飛来!予想より早い登場でした。
(ここからの画像は、採集時間記録用だけに撮影した為、お粗末画像になります。
ブログアップは、考えてませんでした・・・)
oo1.jpg
右前脚が、やや動きがおかしいですが、まあ、問題ありません。
やはり、オオクワが、来ると嬉しいものですね。
なんて喜んでいると
20:10:2頭目飛来!この短時間で2頭!!今日は、もしかして大量??
oo2.jpg
ややスレ気味の越冬固体かな?
普通種も結構来ますが、ミヤマメスとアカアシばかり・・
オスが来ない・・
そう言えば、オオミズアオや大型クラスの蛾もほとんど来ていません。
今年は、終わりが早いのでしょうか?通っていないので、今年の事情は、さっぱりです。
1回目の採集時は、16℃~14℃で風のおまけもあり、採集結果は、ミヤマのみで、
蛾は、ほとんど流されて来ない状態でした。
今回は、細かい虫の量は、半端じゃない状態ではありますが、コガネの飛来もほとんどなし、
キンスジは、少々早いのでしょうかね?

オオクワ爆発か??と思っていましたが、飛来なく21:00を過ぎました。
そうあまくないですよね。本命ミヤマオスは、ほとんど来ませんね~。
時期的に当然かもしれません。やはり、樹液で採集するしかなさそうです・・

21:16 先の方で、何かが落ちたので、懐中電灯を向けるとピカー!
oo3.jpg
3頭目到着です!これまた、なかなか良い個体です。
ここまで来るとオオクワは、オスが、欲しいですね。
と言うより、ミヤマオスです!
22:00を過ぎ、オオミズアオが、大量に飛来し、同時にミヤマオスも数頭飛来しました。
蝦夷が、1頭来たので、ちょっと嬉しかったです。
ガスが、強くなり、気温も下がってきたので、23:00前に終了しました。

この時期だとやっぱりミヤマオスは、樹液の方が、良さそうですね。
コクワも数頭飛来したので、今年は、これを種にブリードしてみたいと思います。
そう言えば、ノコは、ほとんど来ませんでした。カブトは、0です。
う~ん、どう言う状況なのか今年は、不明です。

オオクワは、3頭採れたので、偶には、ワイルドオオも販売しようかと思っております。
昨年採集し、今年採卵済みの幼虫達と同産地なので、1メスキープ出来れば、十分です。
お見逃しなく!

後は、行けば欲しい産地重視で、薄いポイントになると思いますので、
販売は、無理でしょう・・

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

スーパーライトマット販売開始!

先週末から店舗にてスーパーライトの方を販売開始致しました!
今までは、ご予約のみの販売でしたので、軽く商品説明をしておきたいと思います。

slm.jpg
■スーパーライトマット■
5L 350円

スーパーと言うと凄いようですが、ライトより更にシンプルに作成した商品です。
短期で肥大するようなマットではなく、超微添加ホダギメインのマットになります。
(種菌代わりのCHPに含まれる添加のみとなります。)
お勧めの使用法は、
・安全に飼育したい未知な幼虫飼育や菌床系マットが、厳しい種類の飼育。
 採集してきたけど、種類不明など

・コバエの発生が菌床系より低いので、飼育しやすさ重視で飼える。

・オオクワからカブトまで飼育可能ですので、マット選択を考えず、飼育出来る。

・菌糸飼育が、一般化する前の時代のマットが、欲しい方などにおすすめ。

・菌糸に投入しきれない幼虫の飼育

・他マットにブレンドする事で、中和させる。

と言う感じです。他は、飼育される方のアイデア次第かと思います。
ライトLv2やLv3のように、粗目のみと言う感じではなく、
Lv1とLv2粒子1:1と言う感じの粒子です。
ライト程厳しい厳選ではありませんが、原木厳選チップです。

あまり引っ張らず、定期的に交換すれば、非常に良質な使用済みも
回収出来ますので、泥虫派の人にもお勧めです。
マルバネを飼育されているお客様で、使用済みを取る為に、特定種を飼育し
(使用済みを安定させる為に同種)使用済みをマルバネの餌補充に使用されている
方もおられます。当店でもネブト用によくやっておりました。
泥系のマットを作ると言うと大変そうですが、安定した使用済みを取るという方法ですと
ベースを間違えなければ、結構気楽に良いマットが、取れますので、お勧めです。

サキシマヒラタなどでは、産卵経験はありますが、粒子の特性上、産卵は、難しいかもしれません。
大型のメスやバラマキ産卵タイプなら可能かもしれませんが、セットに使用するマット量にも
よりますので、あまりお勧めはしません。ご要望が、多ければ、再粉砕したタイプも
検討しますが、必要ないかもしれませんね・・

まだ、大量生産と言う訳でもないですが、状況を見ながら増産出来ればと考えています。
是非お試しください!

飼育の方ですが、早起こしだった為、ヒメオオの採卵は、1発勝負で終わりそうです。
あれ程寝ないヒメオオが、一部冬眠体制になっています・・

いろいろやっていたので、大量に採卵するのは、難しそうですが、感は、戻せましたので、
無駄ではなかったと思います。とりあえず、最初に回収した幼虫は、悩みながらもP6に
投入しました。大型狙いメインですが、温度管理なしですと早期羽化し、累代の方が、
厳しくなる可能性があるので、次は、ライトまたは、スーパーライトに投入しようかと
思っております。こちらの本土ネブト同様で、単純に大きくする事だけを考えていると
累代が厳しくなるので、マットの選択も重要となると思います。

マグソの方は、とりあえず、セットしたマットのほとんどに産卵しています。
卵が見えなかったL-ZEROのセットと確認できたL-ZERO熟の辺りが、
境界線かなあ・・と思いZEROをL-1に交換しようと思って割り出してみると
産んでおりました!結構幅があるみたいですね。とりあえず、産卵は、幅がありそうです。
次は、初令が、成長出来るかと言う部分になると思います。
産卵形態は、まさにネブトです。適当にばら撒いている訳です。
PM-01、L-1、そしてL-6Lv1が、一番壁面や底に卵を確認出来ます。
小さすぎる虫だからこそある程度大きくなってもらわないといけませんね。
店舗に半分セットが、置いてあるので、興味のある方は、お気軽に。

一方コルリの方は、羽化までは何度か経験がありますが、
F2を出す事が第一目的での飼育は、初めてかもしれません。
とりあえず、すべてのセットでマークは、ついています。
ただ、これが、すべて産んでいるとは、限りませんので、どれくらい取れるかは、
判りません。実験飼育でもあるので、ある程度成長した辺りで、割り出しマット飼育する物と
そのまま放置する物と分けたいと思います。

共に超小型種なので、いろいろ大変ですが、マグソは、マット産みするので、
多分飼育は、しやすいかもしれません。
あのサイズで割り出しとかを考えると厳しいですよね・・・

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット