fc2ブログ

ライトの飼育法について

ライトを沢山使用されているようになり、ご相談が増えております。

長年の経験上、良い悪いではなく、合わない方には、合わない。どう説明しても無理な方もおります。
(L-3も同様です。)上手下手ではなく、飼育での価値観の違いなどによる物なので、ご自身で、
どこか感触が良いと感じた方は、最初ちょっと苦労して頂いても、試して頂きたいですが、
メリットを感じない方は、多分向いていないと思われます。
基本、菌糸の延長上の飼い方が、主流で、使用済み=ゴミと言う感覚の方は、ライトは合いません。

基本的な部分ですが、
①1本で出した方が、メリットの出る種、交換しないとサイズが出ない種があります。
これも、飼育法により、変化し、交換しないとサイズが出ない種でも1本でサイズを出せる場合もありますが、
慣れてきた方の試す部分で、ややこしくなるので、この辺は、ご自身で、お試しください。

交換する理由としては、その種にとって持たない、水分量のリセット安定化、この辺になると思います。

交換も全交換が、向く種と使用済みを必ず、上部配置させる種(人により、混ぜる)が、います。
大半は、後者にメリットがあります。ボトルに新しいマットを水分高く5~6割詰めて、交換するボトルの
上部を若干捨て、新しいボトルに入れていきながら幼虫出し、8割9割詰めた後、大きめの穴を開けて、
幼虫投入し、ある程度潜らせて、詰めるマックスまでマットを入れ詰める。最後の仕上げは、下部から
取ったマットを入れると良いと思います。

蛹化時窒息で暴れる種の場合、最終交換では、使用済み率は、落します。捨て瓶気味になってしまった場合は、
落す必要は、ないです。ここは、一番重要で、ミスると大型化した幼虫も小型化しますので、大事な部分だけに、
ご自身で、掴んで頂ければ、と思います。

後は、慣れてきた方のテクニックになるかもしれませんが、熟度やや高めを好む種などで、
大幅に交換が遅れてしまった場合ですと、上記方法でももう、分解が間に合いませんので、
使用済みを上下に配置したり、混合率を使用済み多めで、詰めてあげたりしてください。

②水分量
これが、すべてです。ライトで飼育されると判ってきますが、水分量をしっかり出来たかで、
サイズが、大きく異なりますので、その辺を探って飼育するのが、楽しいマットですので、
種類をコレクションし、資材は、それを維持するだけの道具的な感覚の方は、不向きで、
飼育を純粋に楽しむ方は、非常に楽しいマットになると思います。結果が、はっきり出てくれる
マットですので、その種のコアな部分の特定もしやすく、飼育した感は、高いと思います。

よく初心者だからライトで飼う自信がないとおっしゃる方が、多いですが、そこは、あまり関係ありません。
逆に、昔からやられている方は、自身の飼育法が、かたまっているので、それを壊さないといけない分、
なかなかライトは、難しいみたいです。

マルバネ飼育の相談でもそうですが、知り合いの方内と言うのは、情報共有しているので、
皆難しい、常識が、共有しているので、前進がなくなってしまいます。

マルバネは、自身の飼育法を極めると最も楽な種へ変わりますので、他の方の方の飼育法の
真似では、絶対に簡単種にはなりません。当店のマットで言うならL-3スタンダードで、普通に産卵する方、
何で採れるか判らない方。若干産卵よりの深熟でなら採れる方、それも無理な方、もう浅熟でも平気で採る方、
完全理解不能な方、などいろいろです。国産に関しては、食性、産卵誘発性等は、アマミに寄せれば、全部いけます。
ですので、その辺のセッティングをマルバネのセット法にした方が、楽です。

幼虫は、ちょっと変えた方が、マットの回し方などもあるので、個人差があるかもしれません。

慣れてくれば、浅熟でまわす方もいるように、赤腐れもなしで、結構安全にまわせます。
この辺は、同じ飼い方をし、この種は、難しいと言う受け取り方をしている方は、理解不能な部分みたいです。

L-3系でサイズの問題もそうです。今回ライトの飼育法で、マルバネを書いたのは、同様水分コントロールと、
温度細工で、サイズが、変わる事は、低添加、無添加系では、重要要素であり、菌糸のように、温度固定では、
絶対に出せない部分である事だけは、お伝えしておきます。基本、季節なりで良いので、逆に難しくはないのですが、
伸ばす時には、伸ばし、休ませるときには、休ませるのが、無添加低添加での大型のコツです。
一般的にこの種は、何℃みたいな話は、無視し、虫とマットの状態と相談しながら、飼育してみてください。

こんな書き方をしていると、かなり難しそうですが、飼育が、好きな方ですとそうでもないです。

水分量での誤解ですが、高水分種は、沢山水を飲むと言うわけではないので、誤解のないよう・・・
あくまで、高水分で、安定させた環境を好むと言う事ですので、安定し水分が上がり過ぎれば、
窒息、悪化は、同様ですので、それを調整する為に、交換または、オーバーサイズ1本出しをするわけです。
かなり、高水分を長く歌ってきたので、最近は、高すぎる方向でのトラブルも多いです。
基本高すぎるのは、最初の段階だけ、安定、食い進みとともに、抜けていくのが、ベストです。

これ以上書くと自分も混乱するので、終わりにします。

スポンサーサイト



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット