春の産卵シーズン特価品をアップ致しました!

このところ、全く更新しておりませんでした・・・

産卵用品のご注文が、増えてきましたので、在庫があるうちに、セールしておきます。
今回は、ターゲットが、重複しやすい3タイプをあえてラインナップしてみました。
本当は、PM-01やL-1も入れたかったのですが・・・

・無添加産卵
・L-ZERO
・ツヤ用無添加

この3タイプは、ヒラタ・ノコギリ~一般的なツヤ・カブトまで使用出来ます。
ツヤ用のみ適応種本来である泥っぽい種(ラコダールやクベラのようなツヤ)で、採卵しやすい
部分はありますが、後は、ヘラクレス、コーカサスなどでもどれでも採卵出来ます。
合わない!と思われる方もいますが、やり方だと思います。
その方のセット法に合わないと言うだけです。

その辺で、簡単な物を難しく思っている方もいると思い、この機会にそんな種で、試して頂ければ、
と思いこの3ラインナップにしてみました。

基本的に、熟度が、低い方向、粒子が、粗い方向の方が、水分を高く出来ます。
高くしないとダメ?が、正解でしょうか?
その辺と容器のチョイス、加温設備(湿度管理)の違いなどで、微調整が、各飼育される方の環境で、
異なるので、ベストな商品は、異なると思います。
簡単に、この3タイプのメリットデメリットを書いてみますので、その辺をふまえて、
お試し頂ければと思います。

・L-ZERO
メリット
・均一微粒子である為、しっかり詰められ省スペースで産卵させやすく、スペースに対する産卵率が高い。
・均一微粒子である為、安定感が高いので、低水分で、セットしても活性しにくい。
・小型種には、物理的にあっている。
デメリット
・微粒子一択の為、野外本来の水分量に出来ない事、容器選択が、小さい傾向がある為、水分が逃げて、
乾燥⇒活性により孵化率低下、初令の大量不良に注意。
・大きい容器で水分高めで、しっかり詰めると窒息気味になる。
・均一微粒子なので、劣化が、早い。

・無添加産卵
メリット
・混合粒子なので、本来の水分に近いところで、セット出来るので、大きめなセットでしっかり産卵向け。
・持ちが良く数セットにも耐え、最終的にカブトやツヤなどの産卵にまわせる。
デメリット
・通気が良いメリット=抜けが良い為、小さい容器または、詰めが、あまいセットですと乾燥しやすい。
・乾燥気味になると活性力が、高いので、高水分キープまたは、しっかり詰めが、大前提。
(カブトやツヤなどは、団子になる位ビショビショで)

・ツヤ用無添加
メリット
・熟度が高い分、安定感があるので、比較的、低水分気味でも活性しにくい。
・通常の泥タイプより窒息しにくい仕様の為、大きい容器でも卵の窒息死しにくい。
・安定レベルまで、熟成している為、劣化は、最も遅く耐久性があります。
デメリット
・熟度高種でのレベルでは、PM-01などより低水分での活性がある為、水分量に注意。(粗粒子の活性)
・一般種で(ヒラタなど)無添加産卵推進レベルの水分量でセットすると卵が、窒息する。
・ハエ侵入時も3種で最もタフなマットです。

簡単に、こんなところが、特徴です。
ここに、種により材を入れる場合もあると思いますが、この材が、問題で、最も悪さをするのが、ホダギ産卵材です。
高水分種の場合は、しっかり加水し、材を入れる分通気も上がるので、マット側の水分も高くセットし、活性を抑え、
安定させるのが、ベストだと思います。
本当は、ここに、ローゼン産卵用も入れて比較して頂きたかったのですが、現状少量生産中なので、延期です・・・
埋め込みに使用する場合、超高水分にしたローゼンは、強いです。(乾燥に最も弱いです・・・・)

以上参考にしてみてください。

※ご質問のメールへの返信が、あまり出来ていないかもしれません。
数日分まとめて、返信するようにしておりますが、見落としもありそうです。(はじかれた場合など)
お手数ですが、返信がない場合、再度お知らせください。
また、ご質問後に、ご注文の形の場合、対応が遅れますが、ご了承ください。

飼育の方は、マット不足で、縮小中ですが、その分、しっかり結果を出していこうと思います。
今年は、クランとコーカサス、ツヤ系などをしっかりやりたいと思います。
時間がある時に、明細をアップ致します。

最後に、最近ご質問が多いので、キクロについてですが、
当店では、それ程キクロは、やっておりませんので、何ともですが、
メタリが、なかなか人気なようで、大型作出したい方が多いみたいですね。
メタリは、通気良く高水分維持が、ポイントなので、らいとLv3が、よく合いますが、
これを、低水分にしてしまうと死亡します。初令が、死亡する方は、初期水分が、低すぎる傾向にあります。
粒子ではありません。初期は、最も高水分にしなくてはいけないので、乾燥しやすい環境の方は、
もう下に溜まる位にしてください。

当店では、最近基本、容器底1cm水をはり詰める。が、基本で、種類により、増やす方向にしています。
全部高めですと劣化しやすいので、オススメです。

エラフスもメタリ同様で、幼虫は、大型化出来ますが、大きい幼虫程、ボトルですと蛹化出来ず、小型化して
蛹化しますので、容器選択を考えて頂くと大きく羽化させられそうです。
それ程の低温は、必要ない気がしますが、それも方法の一つなんだと思います。

スペキは、皆さん大型を出しているようですが、アラガールは、やっていないので、ちょっと判りません・・・
今年、機会があれば、やってみたいと思います。

それでは。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

本年度のマット製造予定

本年度のマット製造予定のお知らせです。
人気商品などの変化もあり、欠品しない為にもラインナップを減らす予定です。

【増産予定】人気商品
・ライトLv1 ・Lv3に追いつきそうな勢いです。
・ライトLv3 ・年々ご注文が、増えております。慣れるとやはり一番ライトのメリットが、高いLv3ですね。
・PM-01 ・最近予想以上に出るので、ギリギリのところで販売中です。
【休止予定】
・ライトLv2 ・Lv1を販売したことにより、中間のLv2は、ほとんど出なくなりましたので、他増産の為、一時休止予定です。
・L-5 ・やはりこちらも、中間的な存在の為、出なくなりました。こちらは、古いマットですので、改良テストも兼ねて暫く休みます。

【少量生産】
・ツヤ用無添加 ・かなり人気急上昇中ですが、増産は、難しいので、現状維持です。欠品ありです。
・ローゼン産卵用 ・こちらも予想よりご注文が増えておりますが、もう1段階進化させる要素を感じるので、テストを続けます。
現状より生産をダウンして継続します。欠品要素高めです。
・PM-02 ・超人気商品ですが、増産不可能な為、同一梱包のみの数量制限販売中です。(継続)
・T3/T4 ・毎年進化させるマットですが、かなり仕上がってきました。来年バージョンのT5である程度進化ストップ出来る気がします。ツヤスペシャル要素の高い方向(T3)へ更に進めるか別方向からの類似効果を狙った比較的マルチなT4方向に進めるかが、
難しいところです。

以上が、簡単な予定です。
ついでにT4のコンセプトですが、通気の良い泥状への変異を狙っているのは、T3と同じです。
ただ、コナラ長生オガを使用すると中間での活性が、若干気になる部分でもありました。
ただ、繭は、狙い通りのしっかりした良い繭を作るのも事実です。

T4は、ブナ生オガ微粒子混合タイプで、保水力と排水性を兼ね備えており、完全な泥状になりにくく、高水分でも
無事羽化しやすい方向に仕上がっております。劣化しすぎない為、繭強度もT3程ではないですが、しっかり形成出来ます。
T3の特殊チップは、泥よりの種では、有効に働くのですが、材系の虫ですと通気を上げ過ぎてしまう場合があり、
飼育しにくい面がありましたので、T4は、ブナ生オガ微粒子で、別方向から類似効果を狙いました。
結果マルチで飼育し易いので、ライト入門?ライト感覚ではなく一般的なマットに近い感覚で、?飼育出来ます。
ただ、しっかりライト感もありますので、種により一本出しなどもLv3など同様出来ます。
(水分をLv3などより抑える)

本年は、飼育のほとんどをT4で飼育予定ですので、結果と飼育感は、後程お知らせしたいと思います。

あまりターゲットとして考えていなかったのですが、カブトが、慣れると一番ライトは、楽かもしれません。
初令時が、若干難しいと言う方も多いですが、一般的なマットは、即効性であるのに対して、ライトは、
後半戦重視のマットですので、どうしても前半の配慮は、必要になります。慣れれば、大した事はありません。
クランネブトやツヤなどの場合の交換なども(全般でそうですが)重要な要素で、遅いタイミングで、
交換してしまうともう熟度が、間に合わなくなります。その際は、飼育していたマットを多めに使って
底に半分以下で新しいマット、上にあまり食べていない部分メインで詰めて投入してください。
この配慮だけで、かなり変わります。

可能な種だったり、ボトルがあるようでしたら、一本で羽化させるのが、良いと思います。
コーカサスクラスで、1本となるとかなりのスペースを要しますので、なかなか難しい部分がありますし、
コーカサスは、それ程ショックを起こしませんので、ガンガン変えて良いです。
逆に通期の悪いケースですと居食い性が落ちて通常の倍位の餌量を要します。
ライトLv3が、微粒子混合マットのような状態で窒息状態になりますが、通気が良ければ、まだまだ食べます。
ヘラさらには、ゾウなどですと窒息に強いので、強烈な居食いとなり泥になるまで食べます。

アトラスクラスにサイズダウンすれば、容器選択幅も上がりますので、食パンケースや2300ボトルなどを
使用して飼育すると居食いとなり、食パンで1本、2300は、可能なら前に1500程度からの2300へ1回交換で、
特大サイズで羽化します。(2300 1本でも大型にはなります。)

マレーコーカサスは、今回最大サイズが、超特大ブローから20Lコンテナで羽化が、大型で、ゴッツイ個体でしたが、
超特大3本でやや低温飼育で遅れて羽化した個体は、若干小ぶりですが、更にツノも長く美形で羽化しました。
後程画像とデータをアップしたいと思います。(覚えていたら・・・)

野外では見れないテカテカでカッコイイ個体を出せるので、試してみてください!

クランの方は、3回戦は、様子見でしたが、最大が、64mmとちょっとギネスには、届かずでしたが、
1mm単位で、64mm~58mm位まで出ております。
♀も38止まりでした。

ただ、飼っただけな感じの飼育ですので、現状の幼虫は、水分や温度配慮などもして飼育しています。
これが、どうなるか楽しみです。

以上です。


テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

本年は、大変お世話になりました。

本年は、大変お世話になりました。

年末セールの段階で、ライトLv1とLv3は、完売致しました。
今年は、あまり用意出来ませんでした・・・

T4は、多めに用意致しましたので、もう少し余裕がありますので、
この機会にお試しください。

店舗の初売りセール品もあまりありませんが、在庫品を数量限定で、セール致します。
(マットは、ほとんどなくなりましたので、容器など)
生体もほとんどなしですが、ツヤは、何種かありますので、開店後、準備したいと思います。

セール用に用意していたマットは、間に合わなかったので、出来次第再度セール予定です。

通販の納期ですが、店舗営業時間の都合で、作業出来るのが、4~5日のみで、現状ここは、満タンです。
その後、9日(火)から本格スタートとなります。(ここも埋り始めております。)
この記事を掲載時は、11日辺りからの発送からになります。(ご注文量や商品によります。)

それでは、良いお年を。

年末年始営業時間について

年末年始の営業時間をお知らせ致します。

■通販■ 通常通り受注
※納期は、大幅に遅れる可能性がありますので、ご注意ください。

■店舗■
年内通常通り(30日/31日 13:00~20:00)
2018年1月1/2/3日 10:30~18:30
4~5日定休日(発送日)
以降通常通り


となります。宜しくお願い致します。

本年は、沢山のご注文ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

年末セール追加しました!

予定より全く用意出来ない状況になりました><
気温が低すぎて水分が抜けません・・・

・PM-01
・ツヤ用無添加産卵
・L-3深熟

少量となってしまいましたので、超特価で販売します。
予定外のL-3深熟も赤字での感謝価格で販売致します。
上記3点は、超特価の為、お一人様1注文1点のみのご注文で、
単品注文不可とさせて頂きます。
ご了承ください。

生体の方は、本年は、予定がありませんが、年末まで店舗整理中の為、
出せそうな生体があれば、販売致します。
(大した物はありません。)

ライトLv3は、追加しましたが、Lv1は、在庫のみです。
T4は、在庫より少なめにアップしておりますので、まだ大丈夫です。

宜しくお願い致します。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット